1500m

【3つのステップ】1500mのタイムを伸ばすためのコツ

お疲れ様です。しましまです。

今回のテーマは「1500mでタイムを伸ばすためのコツ」

正直なところをお伝えしますと、4分一桁くらいのランナーまでであれば、「あること」を意識するだけでタイムの伸び悩みは解決すると思うのですが…

それができていない方が多いようなので、記事にしました。

 

タイムを伸ばす3つのコツ


タイムを伸ばすためのコツは以下3つですね。

・ペース配分

・スピード持久力

・絶対スピード

1つ目のペース配分というのが、最初にお話した「あること」なわけですが、正直これをできていないランナーが大半ですね。

原因は、スピードに「自信を持ってしまっている」というのがほとんど。1500mのタイムに伸び悩むと、やたらスピード強化練習ばかりやってスピードに自信をつけて、レース本番序盤からハイペースで走って中盤くらいから潰れるというランナーを数限りなく見てきました。

まあまず大半のランナーにとってスピード強化はまだまだ考えなくて良いことです。大前提のペース配分や、スピード持久力といった土台作りをまずはコツコツ続けましょう。

 

1.ペース配分


1500mは正直8割くらいのランナーがとにかくスタートからがむしゃらに走っているのですが、1500mもの距離をがむしゃらに走り続けられるようにはヒトの身体はできていません。

中長距離のペース配分における鉄則は「イーブンペース、もしくはそれより少し速いペースで前半走る」こと。

イーブンペースで走って目標タイムを達成できないのであれば、それはまだそのタイムで走るだけの実力がついていないだけです。練習しましょう。

「他人の目が気になってしまう…」

あとは学生ランナーに多いのが、「イーブンペースで走りたいけど、先輩、後輩の応援や顧問の目を気にして突っ込んじゃう…」という考え。

これは、せっかくのレースがもったいないからそんな考えは捨てましょうというのが正直なところです。

目標タイムのイーブンペースで走って結果を出せば、その後そういったレースをしても何も言われません。

自分の競技生活を大事にしましょう。

 

2.スピード持久力


ペース配分をコントロールできるようになったら、自分の能力を改めて分析しましょう。

1500mを走るランナーに足りていない要素は基本的に「スピード持久力」です。

中長距離ランナーならスピード持久力という言葉をよく使うかと思いますが、意外とアバウトに使っていますよね。

スピード持久力は主に、

・インターバルトレーニング

・筋トレーニング

これらで鍛えることができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
【超入門】スピード持久力とは?簡単に分かりやすくまとめました。

 

スピードを身につける


1つ目のペース配分、2つ目のスピード持久力はいわば土台。

土台がしっかりしてきたら、そこに「スピード」をさらに積み上げていきます。

ただ正直、スピードを追求し始めるのは3分55秒程度で走れるようになってからで十分。

それまでは400m64秒程度で走り続けられれば良いわけで、このレベルまで来ているランナーであればこれを達成できるかどうかはスピードがあるないの問題ではなく、スピード持久力の問題です。

しっかりと土台ができるまでは基本的な練習で身体を作りましょう。

種目の本質を知ろう

何よりも大切なのはこれですね。

ペース配分のところでお話した通り、1500mはがむしゃらに走って最後まで持つような距離ではありません。

しっかり自分をコントロールして、1番ロスのないレースを展開することでタイムが出るようになります。

タイムが出ないという方は、ただむやみやたらと走っていないか、今一度自分のレースを振り返りましょう。