1500m

【2018最新】1500mで4分20秒を切るための『3つの条件』

お疲れ様です。しましま(@simasimasport)です。

 

今回のテーマは「1500mで4分20秒切りを達成するために必要なこと」

 

Q.1500mで4分20秒を切るためにはどうしたら良いの?

A.1000m2分50秒というタイムを目安に持ちつつ、スタミナを鍛えることが必要です。

 

1500mで4分20秒を切るための条件

早速本題に入りますが、1500mで4分20秒を切るためには

 

①1000mを2分50秒を切って走ることができること
 
②3000mを9分15秒程度で走ることができること
 
③ペース走を1km3分40秒~3分50秒程度で走ることができること

 

この3つの条件が必要と考えています。

 

1.1000mで2分50秒を切るためには

1500mで4分20秒は1000mあたり約2分53秒ペースなので、これよりも5秒~10秒速いタイム、つまり1000m2分48秒程度のスピードを持っていると楽に走ることができるでしょう。

 

参考記事

1500mタイム向上のコツは『1000mのベスト+2秒』だった?

 

1500m4分20秒
=  1000m:2分53秒
=   800m:2分18秒~2分20秒
=   400m:69秒~70秒
=   200m:34~35秒

 

練習を行う上では、常にこれらのタイムを上回ることができるように意識します。

例えば、1000mのタイムを上げるための練習として

 

①200m×6~8×nセット(r=200jog)を31秒程度
 
②250m×4×nセット(r=150mjog)を40秒程度
 
③400m×3~4×nセット(r=200jog)を67秒程度

 

などを取り入れると良いでしょう。

 

1.3000mを9分15秒で走るためには

3000mを9分15秒程度で走ることができるようになるためには

 

①300m×10(r=100mjog)を54秒程度
 
①400m×10(r=200mjog)を72秒程度
 
②1000m×3(r=200mjog)を3分05秒程度

 

等のメニューを繰り返し行うと良いでしょう。

 

 

3.ペース走を3’40~3’50/kmで走るためには

3’40~3’50/kmは88~92秒/周というペースであり、このペースで最低8000m~12000m程度走れるようになることが目標です。

ビルドアップ走や変化走などを取り入れながらこのペースで行えるレベルまでもっていきましょう。

 

 

4分一桁を目指そう

4分20秒を切ることができたら、4分一桁がすぐに見えてきます。

4分一桁で走れるようになれば学生ランナーとしても社会人ランナーとしてもある程度上のレベルにいると見ることができます。

ここで満足せず、どんどん上のレベルを目指しましょう。

 

 

では、今回はここまでです。