スポーツグッズ

ランニング初心者が準備すべきもの【シューズ・ウェア・時計】

お疲れ様です。しましまです。

今回のテーマは「ランニング初心者が準備すべきもの」

周りでランニングを行っている人の話を聞いて自分も始めようと思ったのは良いものの、「ランニングには何が必要なのだろう…」と最初に考えますよね。

その悩みへの答えをきっちりまとめました。

ランニングに必要なものは?

まずはランニングで必要なものを最初にざっと挙げます。

《必ず必要なもの》
・ランニングシューズ
・ウェア
・時計

《割と必要なもの》
・ランニング用ポーチ
・帽子
・ネックウォーマー

《あると便利》
・音楽プレイヤー
・ワイヤレスイヤホン
・スマートウォッチ

こんな感じで、必要度は3段階に分かれるかなと。

①必ず必要なアイテム

ランニングシューズ


外で走っている人を見ていると、スニーカーで走っている人もいれば、すごくゴツゴツした明らかにランニング向きではないシューズを履いている人もいます。

もちろん何を使うかは人ぞれぞれですが、ランニングを行うならランニング用のシューズ(ランニングシューズ、ランシュー)を履くことを圧倒的にオススメします。

理由は2つ。

・練習効率が上がる

・ケガのリスク防止

特に2つめはどんな人にとっても重要ですね。

ランニングを初めて間もない頃に少しでも痛みが出てしまうと、やる気が落ちて辞めてしまうというのはかなりありがちなこと。

当然ですがランニングシューズはランニング用に作られていて、ケガの防止なども考えて設計されています。

初めて買う人は値段の高さに驚いてしまうかもしれませんが、セールや古い型(性能は十分)などで安く買うことはできますので、必要な投資と考えましょう。

「ランニングシューズってどんなのが良いのか分からない…」という方は以下の記事の初級者用シューズあたりが参考になるかなと思います。

おすすめの人気ランニングシューズ20選

ウェア


シューズを揃えたら次にウェア(走るときの服)を準備します。

ウェアも普通のTシャツと短パンや、パーカーなんかで走っている方を見かけますが、これもランニング用(スポーツ用)のウェアをできる限り使うようにしましょう。

専用のウェアは吸汗性・通気性が普通の衣服よりも非常に高いため、走っているときの心地よさが全く異なります。

あとはそもそもオシャレです。実はこれランニングを継続していくためには非常に重要でして、やっぱり見た目が良いっていうのは気持ちが高まってやる気を引き出してくれるんですよね。

「形から入るタイプ」というのは悪い意味で使われることも多いですが、継続していくためには大切なこと。あまり不必要にならない程度に気に入ったものを揃えると良いでしょう。

ランナーはこんな感じの服装で走っていることが多いですね。


(ともに楽天市場より)

時計(ウォッチ)


ランシューもウェアも揃えたら、あとは時計をつけて走り出すのみです。

時計は初めから高性能なものを買う必要はありません。健康目的で走るだけの人なら、なおさら走っている時間さえ測ることができれば十分です。

「そもそも時計って必要なの?スマホがあれば良いんじゃない?」という考えもありますが、これもやはり答えは「NO」で、理由があります。

単純にすぐに時間を見れる手軽さがあること、そして持っていて(つけていて)ストレスが無いこと。

スマホをポケットに入れて走ってみると分かりますが、正直めちゃくちゃ邪魔です。持っていると確かに道を調べたり連絡をとれたり便利なのですが…走っているときのストレスに比べたらそんなに重要性が高いものではありません。

定番の時計はこのあたりです。

あとは同じくらいの値段で心拍数が計測できるものや、GPS機能がついていてアプリと連動させることで走った距離やペースが分かるものなんかもあるので、基本的なものに慣れてきたらそういったものも使ってみるとさらにモチベーション向上に繋がりますね。

②割と必要なもの

ランニング用ポーチ


ポーチに限らず、ランニング用のリュックなんかはあ
えると便利ですね。

ランニング用のリュックと、普通のリュックの1番の違いは「揺れにくさ」。

特に夏場なんかは飲み物を持って走りたいけど、普通のリュックだと揺れて走りにくい…なんてことがしょっちゅうあります。

その点、ランニング用のリュックは身体にフィットして揺れにくいようにできていますし、着替えや財布なんかも入れておけば目的地まで行って着替えて、帰りは電車で帰ってくるなんていうことも可能。

ただ、そんな遠くまで走りにいくことはあまりないと思いますので、無くてもそこまで困ることはありません。

帽子


これはリュックに比べると必要度が高く、まさに準必需品。

夏は日差し避けとして必須ですし、朝ランの寝癖隠しとしても何気に重宝されます。

一般的なものであれば1,000円前後で購入できるので、手軽に揃えることができる便利アイテムです。

ネックウォーマー


これは逆に冬の必須アイテムですね。

ネックウォーマーがマフラーよりもランニング向きな理由は「外れにくい」、「口元も防寒できる」、そして「邪魔にならない」ということ。

マフラーだと走っている途中でほどけてしまう可能性がありますが、その点ネックウォーマーは心配ありません。

また、普通のマフラーだと口元は寒さを防ぎにくいのですが、ネックウォーマーは口から下まで防寒することが可能。むしろ暑くなるくらい暖めてくれます。

またパタパタと揺れて走るときの邪魔になることもありません。
意外とこういう細かいところって、走っているとき気になるんですよね。

あとはこれも単純に見た目がオシャレです。上で紹介したウェアに合わせれば、マフラーに比べて全体がシュッとシンプルにまとまります。

これもランニングを長く続けていくつもりなら、準必需品レベルです。

③あると便利

音楽プレイヤー

ランニング中に音楽を聴く人、聴かない人は分かれますが、個人的には聴くことをオススメ。

間違いなく集中力が高まりますし、音楽を聴きながら走ることでランニングのパフォーマンスが上がるという研究結果もあります。

音楽とスポーツの関係性【パフォーマンスが上がります】

ただ、スマホと同じでこれもポケットに入っていると結構邪魔なんですよね。

揺れにくいリュックを買ってそこに入れて走ったり、ポケットの中で揺れないよう固定したりなんてこともできますが、今度は出しにくいという不便が発生します。

もしもストレスなく音楽を聴きたいなら、この後紹介するイヤホンと一体型の音楽プレイヤーを使ったり、音楽機能がついたウォッチを購入したりという選択肢も考えましょう。

ワイヤレスイヤホン

音楽プレイヤーは気にならないが、イヤホンのコードが気になるという方も結構います。

特にトレッドミル(ランニングマシン)で音楽を聴きながら走っていると、コードがマシンのあちこちに当たって、最悪どっかに引っ掛かるなんてことも。

これがかなりのストレスなので、ワイヤレスイヤホンはあると何かと便利かなと思います。

割と安く買えますし、通勤通学にも使えるので持っていて損することは無いかなと。

あとはこんな感じで音楽プレイヤーと一体型のイヤホンもあります。

ここまで来ると煩わしさは皆無ですね。

画面を見ながら操作ができないという難点はありますが、あらかじめプレイリストを保存しておけば聴きたい曲を聴いていられますし、その時の気分で聴きたい曲まで飛ばせばそんなに不便は無いかなと。

あとはこれは容量が4GBなので、ちょっと足りないかなという方はリンク先からもう少し容量が大きいものもすぐ見つかります。

スマートウォッチ

スマートフォン(スマホ)の機能と一体になったような高性能な時計のことをスマートウォッチと言うのですが、これが非常に便利。

心拍数を計測できたり、消費カロリーを計算してくれたりなんてのはザラですし、下のようなさらに高性能なものだとGPS機能で走った距離が分かり、ワイヤレスイヤホンと繋げることで音楽まで聴けてしまいます。

こういったデジタルヘルスメントという分野が伸びておりまして、おそらくですが、今後ランニングに限らずスポーツは多くの機能が小さな1つの機器の中に収まっていきます。

極端なことを言うと、それを使いこなせる人、そうでない人で生活の効率性に差が出てしまうんですよね。

そうならないために、今からこういったアイテムに慣れていくのが良いかなと思います。

まとめ

ちょっと後半になっていろんなものが出てきましたが、改めて「ランナーに必要なもの」を整理します。

《必ず必要なもの》
・ランニングシューズ
・ウェア
・時計

《割と必要なもの》
・ランニング用ポーチ
・帽子(準必需品)
・ネックウォーマー(準必需品)

《あると便利》
・音楽プレイヤー
・ワイヤレスイヤホン
・スマートウォッチ

まずは1番上の3つを揃えて、慣れや必要に応じてさらに他のものも試していくと良いでしょう。

「ランニングに多くのものはいらない」という意見もありますが、ランニングに何を求めるかは人それぞれです。

「自分のランニング生活」には何が必要かを考えて準備しましょう。