1500m

【選手向け】1000mのタイムを上げる2つの条件【具体的】

お疲れ様です。しましま(@simasimasport)です。

 

今回のテーマは「1000mのタイムを上げるためのコツ」

Q.1000mのタイムがなかなか上がらない…何故でしょう?

A.大抵の選手は「偏り」が生まれていることが原因です。

1000mという距離は陸上競技の種目としてはありませんが、様々な種目の実力を測る指標の1つになるため、タイムを上げたいという声は多く聞きます。

しかし、タイムが上がらないという悩みの根底にあるのは、タイムを上げる難しさよりも自分でタイム向上を難しくしているということ。

そこで今回は、1000mのタイムを上げるために本当に必要なことは何なのか、しっかりと整理していきましょう。

 

1000mのタイムを上げるためには?

1000mのタイムを向上させるコツは以下の2つ。

・スピード持久力を向上させること
 
・ペース配分を考えること

以下でそれぞれ詳しくお話しします。

 

1.スピード持久力を鍛えること

1000mのタイムを伸ばしたいと考えるランナーは当然ですが「中長距離選手」で、中でも以下のような選手が割合として多くなっています。

・800m寄りでスピードに自信があるタイプ
 
・5000m以上の距離が得意なスタミナに自信があるタイプ

これらの選手はそれぞれ自分の長所を生かして1000mのタイムを上げようと考えるのですが、なかなかそう上手くいきません。

例えば、800mを1分55秒程度で走れる選手からこんな話がよく出ます。

800m2分フラットペースで走れば、1000m2分30秒か…なんかいけそうじゃないか?

しかし、

・800mを1分55秒で走る選手で、

・1000mも2分30秒以内で走れる選手

こういった選手はまずほとんどいません。
(1500m以上がメインの選手で、800mも1分55秒程度で走れるという場合は別)

これは、800mまでのスピードをそれ以上の距離に生かすためには、それらを「繋げ合わせる」トレーニングを取り入れる必要があるためです。

それが今回で言えばスピード持久力を養うトレーニング。

具体的な練習メニューとしては以下のようなものが挙げられます。

・200m×8~15(r=200mjog)
 
・300m×5~7×nセット(r=100mjog)
 
・400m×5~8×nセット(r=200mjog)

どれも1セットあたりの本数は10本程度が基本と思われるような練習ですが、ここでは敢えて少な目にしています。

というのも、10本になると練習効果が

・スピード持久力の向上というよりも、
 
・最大酸素摂取量の向上に近くなる

ため、例えば800mのスピードを1500mに生かすことが目的の選手ならば、400m×10ばかりやって最大酸素摂取量を向上させてもあまり効率的とは言えません。

あくまでここではスピード持久力を伸ばしたいので、気持ち少な目に本数を設定して、ある程度スピード感を持ったインターバルトレーニングを行うことをオススメします。

【関連記事↓】
・【超入門】『スピード持久力』とは?

・VO₂MAX(最大酸素摂取量)とは?

 

2.ペース配分を考える

これは1000mに限らず1500mの選手にも言えることなのですが、1000m~1500mのタイムを狙ってみようと意気込む選手は大抵序盤かなり飛ばします。

しかし、800m~1500mでタイムが出るレースは基本的にイーブンペース、もしくは前半イーブンペースより少し速い程度で走ること。

(参考)世界記録のラップタイム
・800m:1分40秒91(49秒28ー51秒63)
 
・1500m:3分26秒00(55秒ー54秒ー54秒ー43秒)

前半突っ込みたくなる気持ちも、前半から飛ばした方がタイムが出るような「気がする」気持ちも分かるのですが、周りに流されず1度冷静に走ってみることも必要でしょう。

特にスピードのあるランナーほどなかなかできないポイントですね。

 

長所を「繋げる」意識を持つ

これは他の記事でも何度かお伝えしていることなのですが、「繋げる」意識というのは非常に大切。

スピードもある、スタミナもある、でもタイムが出ないというのはよくあることで、これはそれぞれのポイントを「繋ぎ合わせることができていない」典型例ですね。

スポーツの世界に限らず言われることですが、「点と点」ではなく、「線」の意識を持つこと。

これだけで取り組み方が大きく変わります。

ぜひ皆さんも「点と点」を「繋ぎ合わせて」、「線」にしていきましょう。

 

では、今回はここまでです。