運動生理学

【結論】ランニングエコノミーを向上させるためには?【筋トレ】

お疲れさまです。しましまです。

今回のテーマは「ランニングエコノミーを向上させる方法」

「ランニングエコノミーとは?」というところから知りたい方は以下の記事を読んでください。
【超入門】「ランニングエコノミー」ってなに?

簡潔に言うと、ランニングエコノミーを高めるというのは、効率の良い走りをするということです。

《結論》ランニングエコノミーを高めるためには?


ランニングエコノミーを高めるのに1番手っ取り早いのは「筋トレ」

「無駄な」筋肉さえつけなければ、「強い筋肉」はより効率的に前へ進むための原動力となります。

同じピッチでも、強い筋力を持っている人はどんどん先に進んでいきますし、同じストライドでも周りを引き離すのは前に進むのは筋トレで脚の回転数を増やしている人。

ちなみにランニングにおける「筋トレ」の現状はこんな感じです。

・海外ではパフォーマンスを高めるものとして、長距離ランナーでも当然行っている

・ランニングエコノミーが重視される長距離ランナーは筋トレを苦手としている

どんなトレーニングをしたら良いの?


具体例を先に挙げます。

・スクワット、デッドリフトなどのウェイトトレーニング

・ハードルジャンプ、ボックスジャンプ、縄跳びなどのジャンプトレーニング

・動き作り、ラダーなど

これらを自分の現状に合わせてトレーニングに取り入れます。

それには、動き作りやラダー、ミニハードルなどを使って効率的な走り方を身に付けていくと同時に、

・筋肉がすでにしっかりついている人
→筋スピードトレーニングや最大筋力トレーニング、筋パワートレーニングなどを行いましょう。

・筋肉があまりついていない人
→筋肥大トレーニングで筋肉をある程大きくした上で、上のようなトレーニングを行いましょう。

筋スピード、最大筋力、筋肥大などの用語の意味が分からない方はこちらの記事。
【目的別】筋トレの最適な回数・セット数を知ろう

要は筋肉がついている人はその筋肉をさらに生かせるようなトレーニングを行って、そうでない人はまず筋肉をつけましょうということです。

加えて、ハードルジャンプ、ボックスジャンプなどのジャンプトレーニングも有効。

これらのトレーニングは「筋パワー」や「瞬発力」を高めるのに役立ちます。

海外ランナーのようなバネのある伸びやかな走りを目指しましょう。

ただし、ジャンプトレーニングは非常に負荷が強いので、慣れないうちは回数・頻度を少な目にする等の注意が必要。

 

全てデータの時代になります

プロ野球で横文字の様々なデータ用語が使われているように、スポーツ界はデータ時代の真っ只中ですが、ランニングエコノミーもその1つ。

データによって出された細かい無駄を排除し、細かい部分での効率性を高めることが目的です。

かつ、こういった話はそれはスポーツの世界にとどまりません。

「デジタルヘルスメント」というような人々の健康管理をデータにて行うことが進んでいます。

これまでの経験ばかりに頼らず、新しいことにどんどんチャレンジしていかなければ、成長は見えないですね。