ランニングの教科書

【スポーツ生理学】運動するときのエネルギーってなに?【ATP】

お疲れ様です。しましま(@simasimasport)です。

 

今回のテーマは『走るときのエネルギー』

昨今ランニングがブームになっている中で、競技として「走ることを追究している」方もいれば、趣味としてランニングに取り組んでいる方、ダイエットとして取り組んでいる方など、取り組む目的はそれぞれ違えど多くの方がランニングに取り組んでいます。

しかし、そうやって普段何気なく取り組んでいるランニングも、私たちの身体に「走るだけのエネルギー」があるからこそ実現できるもの。

そこで今回は、私たちは「どのようなエネルギーを使って走っているのか」について見ていきましょう。

 

 

エネルギーはどうやって作られる?

ヒトが活動する(筋肉を動かす)とき、体内の「ATP」(アデノシン三リン酸)という物質が「ADP」(アデノシン二リン酸)という物質に分解されるときに生じるエネルギーを使っています。

ATPを作るもとになるのは「三大栄養素」と呼ばれる以下の3つ。

・炭水化物

・タンパク質

・脂肪

学校でもこれらを「身体のエネルギーとなる栄養素」として学んだと思います。

 

 

ATPが足りなくなったら

もちろん、上記「三大栄養素」から作られるATPという物質も体内に無限にあるわけではありません。運動を続けていれば必ず少なくなっていきます。

一方で、運動中常に上記栄養素を摂り続けることは不可能なため、体内で「何らかの形」でATPを再合成することでエネルギーが尽きないようにしていく必要があります。

ATPを再合成する過程はさらに以下の3つに分かれます。

 

・CP系

・解糖系

・有酸素系

 

それぞれをもう少し詳しく見ていきましょう。

 

CP系

CP系では、「クレアチンリン酸」が分解されるときに発生するエネルギーでATPを再合成します。

ただし、このクレアチンリン酸というものが体内に非常に少ないため、CP系から得られるエネルギーは10秒程度で枯渇

よって100mのような短距離種目においてCP系でのエネルギー生成が重要になります。

 

解糖系

解糖系では、その名の通り「糖」を分解するときのエネルギーを活用します。

グルコース、グリコーゲンの順に使われていき、解糖系から得られるエネルギーは約2分程度で枯渇

400m~800mのような種目でフル稼働されます。

 

有酸素系

有酸素系では、その名の通り「酸素」に加えて、上記解糖系において糖が分解される過程で生じる「ピルビン酸」や「脂肪酸」などを使用して(ミトコンドリア内のTCA回路に取り込まれて)エネルギーを生み出します。

有酸素系では上記2つのエネルギー生成に比べエネルギー供給のスピードが遅いのですが、その分長時間エネルギーを供給することができます(競技者それぞれで異なります)。

よってマラソンのような長丁場では、この「有酸素系」の能力を高めることがパフォーマンスの向上に繋がるのです。

 

Point

・CP系→短距離種目においてフル稼働

・解糖系→短~中距離種目においてフル稼働

・有酸素系→中~長距離種目においてフル稼働

 

 

「仕組み」を考えるようにしよう

さて、私たちが身体を動かすときにはどんなエネルギーが使われ、そのエネルギーはどうやって作られているのかを見てきました。

自分の競技レベルを上げたいと考えている方は、自分の競技がどのエネルギー供給に依存しているのかを判断し、そのエネルギー供給能力を向上させるトレーニングを行う必要があるでしょう。

タイムを上げることが目的でない方であっても、こういった知識を身に付けることでより長く運動を継続することができます。

自分が行っていることの「仕組み」をしっかりと理解した上で計画を立て、もっと効率的に、快適に結果を出せるようにしましょう。

 

 

では、今回はここまでです。

 

もっと詳しく学びたい方はこちら↓