800m

「ハイスピード持久力」とは?スピード持久力をさらに掘り下げました。

お疲れ様です。しましま(@simasimasport)です。

 

今回のテーマは「ハイスピード持久力」

Q.「ハイスピード持久力」っていったいどんなもの?

A.スピード持久力の1種で、800mなどに必要とされる要素ですね

「中距離種目」の代表例として800m、1500mがよく挙げられ、これらには「スピード持久力」が必要とたびたび言われますが、この2つの種目に求められるスピード持久力って厳密には違いがあるのでは?とずっともやもやしていました。

そこで閃いたのが「ハイスピード持久力」という要素。

今回はその「ハイスピード持久力」というものがどんなものなのか、具体的にお話ししていきたいと思います。

 

「ハイスピード持久力」とは?

まずは結論をまとめましょう。

「ハイスピード持久力」とはその名の通り、「スピード持久力よりも高い強度(速いスピード)での持久力」のこと。

これが特に求められる競技はやはり800mですね。

1500mや5000mも「スピード持久力」は求められますが、800mで求められるそれとは全く次元が異なります。

そのため、両者を区別するために今回「ハイスピード持久力」という要素を定義することにしました。

 

ハイスピード持久力を向上させるためには?

では具体的に、「ハイスピード持久力」はどのようなトレーニングで養うことができるのかを考えていきましょう。

「ハイスピード持久力」を向上させることができるトレーニングは以下の通りです。

・300m×3×nセット(r=100mjog、R=10min)

・250m×4×nセット(r=100mjog、R=10min)

・300m+300m+100m×nセット(r=100mjog、R=10min)

・300m+250m+100m×nセット(r=150mjog、100mjog、R=10min))
 

全てのトレーニングに共通するポイントは、以下の3点です。

・インターバルトレーニングであること

・急走期が300m以下のショートインターバルであること

・緩走期の距離が急走期の距離の1/3以下であること

これらのポイントを押さえた上で、最適と言えるトレーニングは300mのインターバル。これが800mで必要とされる「ハイスピード持久力」を鍛えるのには良い練習だなとしっくりきました。

次点は250mのインターバル。ポイントは「レストを100mjog」にしていること。トラック周回でメニューを立てると、250mのインターバルは基本的に150mjog(もしくは150mwalk)になりますが、それでは緩走期の距離が長くなってしまいます。

そのため、トラックで行うのであれば真ん中を横切るようにしてつなぎのjogの距離を短くすることが理想ですが…あまり現実的ではないというところで次点にしています(メニューの内容としては目的に合っていると思いますが)。

残り2つはほぼ800mの分割走のようなトレーニング。

「ハイスピード持久力」の注意点

注意点を挙げておきます。

「ハイスピード持久力」は確かに800mのタイム向上において不可欠な要素ですが、それだけではタイムは伸びません。

当然400mの絶対的なスピードも必要ですし、1500m~3000mくらいまで走れる「スピード持久力」や「スタミナ」も求められます。

様々な要素をバランスよく伸ばすことで初めて800mのパフォーマンス向上に繋がるのです。

 

ランニングを「学び」、「考えよう」

このように、特に陸上競技に取り組む方であれば何気なく使うであろう「スピード持久力」という言葉1つとっても、掘り下げるとさらなる要素が見えてきます。

「正しい」と思っていたことが本質的なところで違っているということはよくあること。

常にランニングを「学び」、自分に本当に必要なことは何なのかを「考えて」取り組みましょう。

 

では、今回はここまでです。