雑記

《まとめ》46~60記事まではこの『3つの要点』

お疲れ様です。しましまです。

今回は46記事~60記事目までのまとめです。

 

46.ランニング × 人気度

①Googleトレンドの推移

②マラソン参加者数の推移

③ランニング関連会社の売上推移

 

 

47.ランニング × 幸福度

①疲れない身体に

②ポジティブ思考に

③仕事がデキる人に

 

 

48.HIIT × 

①HIITとは

②HIITと他の有酸素運動との違い

③HIITのメリット・デメリット

 

 

49.通勤・通学 × 脚が疲れない方法

①立っているとどうして疲れるのか

②長時間立っていても疲れないようにする方法

③立っていること自体は悪いことではない

 

 

50.800m × 2分10秒切り

①400mを59秒程度で走ることができるスピードがあること

②1500mを4分30秒程度で走ることができるスタミナがあること

③練習を継続できる環境にあること

 

 

51.2018東京マラソン × 2カ月前からできること

①距離走で状態の確認を行う

②インターバルでスピード感を養う

③休む時は休む

※まだ全く練習をできていない人向けの練習メニュー例紹介

 

 

52.スポーツ × ストレッチ

①ストレッチと運動パフォーマンスの関係性

②アップとダウンにおけるストレッチの効果

③血流とストレッチの関係性

 

 

53.5000m × 15分台を出せるペース配分

①イーブンペースよりも速いタイムで入る必要性

②中間失速を抑える

③計画性と柔軟性

 

 

54.スポーツ × 音楽

①音楽と運動パフォーマンスとの関係性

②音楽を選ぶポイント

③時には『自然の音』に耳を傾けよう

 

 

55.2018箱根駅伝 × 

①1区・2区での『流れの差』

②5区での『山登りの差』

③『総合力の差』

 

 

56.スポーツ × 乳酸

①乳酸の生成過程

②乳酸はエネルギーとして使うことができる

③運動強度の指標ともなりうる

 

 

57.800m × 1分台

①400mを52~53秒程度で走ることができるスピードがあること

②ジョグを1km4分程度で走ることができるスタミナがあること

③丁寧なレースプランの計画

 

 

58.5000m × 15分台

①ペース走を3分40秒程度で走ることができるスタミナがあること

②1000mを2分55秒程度で走ることができるスピードがあること

③1000m×5を全て3分10秒以内で走ることができる総合力を持っていること

 

 

59.トレーニング × 7原則

トレーニングにおける7原則を紹介しています。

 

 

60.インターバル × 効果

①最大酸素摂取量の向上

②スピード持久力の向上

③レースペース以上の速度の体感