雑記

《まとめ》16~30記事まではこの『3つの要点』

お疲れ様です。しましまです。

 

今回は16~30記事目のまとめです。

まだ改訂したい内容がいくつかありますが、ご参考までに。

 

 

16.1500m × 5分切り

①1000mを3分10秒前後で走ることができること

②ペース走を1km4分15秒ペースで行うことができること

③練習前後の栄養補給をきちんと行うこと(最重要)

 

 

17.800m × 最適なレースペース

①突っ込み過ぎないようにする

②400mのベスト6秒前後が一般的

③自分の特性に合わせたレースプランを

 

 

18.1500m × 最適なレースペース

①1500mは専門性を高めるのが難しい種目

②1000mのベスト4秒前後が良いかもしれない

③800mと同じく自分に合わせたアプローチを選ぶ

 

 

19.スタミナ × 3要素

①最大酸素摂取量(VO₂MAX)の意味

②乳酸性作業閾値(LT値)の意味

③ランニングエコノミー(RE)の意味

 

 

20.エネルギー供給 × 3つ

①CP系

②解糖系

③有酸素系

 

 

21.マラソン × 準備

①調整トレーニング

②エネルギー貯蓄

③前日からの過ごし方

 

 

22.5000m × 16分台

①1000mを3分10秒以内で走ることができること

②ペース走を1km4分ペースで走ることができること

③1000m×5を全て3分20秒以内で走ることができること

 

 

23.1500m × 4分30秒切り (改訂予定)

①1000mを2分55秒前後で走ることができること

②ペース走を1km4分ペースで行うことができること

 

 

24.サブ3 × ペース配分

①スタート~20km ⇒ 4分10秒程度

②20km~40km    ⇒ 4分20秒程度

③40km~ゴール  ⇒ 4分10秒程度

 

 

25.体力 × 早く戻す方法

①自分のペースで継続すること

②いつまでにどうなっていたいかという具体的な計画を立てる

③ジョグ⇒ペース走⇒インターバルの順に強度を上げていく

 

 

26.スピード × 2つの要素

①ピッチを向上させる方法

②ストライドを伸ばす方法

③自分に合った走り方を見つける

 

 

27.1500m × 4分20秒切り (改訂予定)

①1000mで2分50秒を切って走ることができること

②ペース走を1km3分40秒~3分50秒程度で走ることができること

 

 

28.5000m × 14分台 (改訂予定)

①1000mを2分45前後で走ることができるスピードがあること

②ペース走を3分20秒~3分30秒程度で走ることができるスタミナがあること

③1000m×5を全て2分台で走ることができる総合力を持っていること

 

 

29.800m × 2分30秒切り (改訂予定)

①400mを64秒前後で走ることができるスピードがあること

②ペース走を1km4分30秒程度で走ることができるスタミナがあること

 

 

30.プロテイン × おすすめトップ5

おすすめのプロテイン5種類を紹介しています。